【2019年最新版!】1985 FUTURE DENIM JACKET
new
585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4 585a4e0e9821cc3a7a002aa4

【2019年最新版!】1985 FUTURE DENIM JACKET

¥58,320 税込

送料についてはこちら

  • S :着丈56cm、身幅61cm、肩幅53cm、袖丈60cm

  • M :着丈59cm、身幅63cm、肩幅54cm、袖丈61cm

  • Ⅼ:着丈62cm、身幅64cm、肩幅55cm、袖丈62cm

  • XL:着丈65cm、身幅66cm、肩幅56cm、袖丈63cm

Brand: HEADGOONIE Name: 1985 FUTURE DENIM JACKET Color: インディゴデニム×グレーデニム Size: (着丈、身幅、肩幅、袖丈)  S (56cm、61cm、53cm、60cm)  M (59cm、63cm、54cm、61cm)  L (62cm、64cm、55cm、62cm)  XL(65cm、66cm、56cm、63cm) Material:  素材: コットン100%/Cotton100%  ・バイオウォッシュ古着加工  ・オーバーダイ古着加工  裏地1: ペイズリーパターン  裏地2: ムービースターパターン  裏地3: JETLINK限定シークレット柄???  日本製 / Made in Japan 【商品解説】 時間旅行冒険映画の主人公が着ていたあのデニムジャケットを80年代当時の染めの風合い感やボタンなどの細かなディティールに至るまで、ほぼ完全にオリジナルを再現しました。そして、今回は第三の新作シークレット柄!?...裏地にあっとJETLINKだけの驚く隠しギミックを仕掛けました。今作も、デザイン、素材、縫製から加工まで全ての工程を日本国内の老舗工場にて、熟練の職人が一枚一枚を手仕事で仕上げたメイド・イン・ジャパンの逸品をお届けします。いざ行かん!新たなるフューチャーへ!80年代の映画や文化を愛しみ育った私たち全ての世代へ、JETLINKから懐かしくも新しい一枚をお送りします。 【商品詳細URL】 http://www.jetl.com/hg00_denim.html 【製作解説ブログ】http://headgooniebookstore.jp/blog/bomberjktnews_1/ 【デニム生地の解説】 今作は、現行品のデニムの中から似たものを探すのではなく「オリジナル染料を作り、オリジナルのデニム自体をつくってしまおう」という試みから始まりました。表地にはデニム聖地の岡山にてオリジナル染色した墨色オックスデニムを採用しています。墨染めしたオリジナルオックスデニムをストーンバイオウォッシュとハンドブラストによって(陰影を残したまま)薄いグレーになるまで落としたあと、オーバーダイ(全体にブラウン汚し加工)を施します。 最後にエアブラシ方式で「ブルー染め」を施すことにより、 あの劇中のような、絶妙なブルーグレー色を再現することに成功しました。 【JETLINK別注裏地の解説】 最新作で注目してほしい部分は、JETLINK限定の裏地デザインです。「1.ペイズリーパターン裏地」、「2.ムービースターパターン裏地」、そして新たなるデザインの「3.フットボーラー柄裏地!?」を初公開!この第三の裏地は、マイケル本人からの証言を元にオリジナルで使用された裏地を忠実に復刻しました。映画が撮影された当時に何枚か用意されたデニムジャケットの中に、この様なフットボーラー柄の裏地が確実に存在していました。裏地の生地全体に「オーバーダイ」というブラウン染めの特殊加工を施し、実際に何年も着込んだような時代の色合いを再現しています。 【パーツ解説】 裾のゴム幅、タック部分、袖口幅など細部の寸法は、当時のGUESSデニムジャケットから採寸してパターンを作成したため、よりオリジナルに近い寸法で仕上がっています。最新作では、外側フラップポケットサイドに”三角形を取り外した跡”も入りました。ボタンは、ダウンベストと同様にドットボタンの「アタマ」(頭金部分)と「ウケ」(受け金部分)の色が異なります。「アタマ」部分がゴールドに対し「ウケ」部分はシルバーという変則的な組み合せとなっています。もちろんこのボタンの不思議なデティールもオリジナルを忠実に再現しました。 【シルエット解説】 前作では、洋服としてちゃんと着れることに重点を置いていて、身幅をシェイプし、着丈を伸ばして、ゴムもゆるめて現代風シルエットを取り入れていましたが、今回はズバリそのまま!80年代リバイバルが完全に定着し、ケミカルウォッシュのジーパンを履いてTシャツをinしている十代女子がそこら中にいる世の中です。ついにこのシルエットのままで着ても大丈夫な時代になったのではないでしょうか。身幅と肩幅が広めで、着丈が短め。ゴムもキツめという、形状まで”あの頃”のままを再現しました。肩が落ちて身幅がガバっとしながら、背中の裾ゴムラインがカーブする”あのシルエット”を楽しむことができます。 【モデル着用例】 モデルの身長177cm、体重60kgでMサイズを着用しています。サイズ感のご参考までにどうぞ。