【モデル着用画像を追加】ザ・オーバールックホテルへようこそ!THE OVERLOOK HOTEL HOODY
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/14

【モデル着用画像を追加】ザ・オーバールックホテルへようこそ!THE OVERLOOK HOTEL HOODY

¥17,600 税込

送料についてはこちら

  • S

    残り1点

  • M

  • L【ご予約品:今月中お届け】

  • XL

  • XXL

    残り2点

【ご予約商品について】 L 上記サイズは今月中に再入荷予定です。オーダーフォームからご注文(ご予約)いただき、商品入荷後の発送となります。 ザ・オーバールック・ホテルへようこそ! 雪原のホテルに真っ赤な鮮血がほとばしる... 「当ホテル自慢の★★★(三ツ星)アメニティをご堪能ください」~管理人チャールズ・グレイディより~ Name:THE OVERLOOK HOTEL HOODY Color:"白雪"バニラホワイト生地 Print:"鮮血"レッドブラッド/水性プリント Size:S~XXL(着丈、身幅、肩幅、袖丈)  1(64cm、50cm、41cm、61cm)  2(67cm、53cm、44cm、62cm)  3(70cm、56cm、47cm、63cm)  4(73cm、59cm、50cm、64cm)  5(76cm、62cm、53cm、65cm) Material:  高密編12.4ozヘビーウェイトスウェット  高精密シルク製版プリント/手刷り仕上げ Bonus Parts:  袖付属:★★★(三ツ星)ホテル特製ワッペン 【商品解説】1980年に公開されたスタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』(原題:The Shining)にインスパイアを受けて、その名も!THE OVERLOOK HOTEL HOODYが完成しました。惨劇の舞台となったロッキー山脈に佇む展望荘こと、ザ・オーバールック・ホテルをモチーフに...もしもホテルのアメニティグッズがあったら? ・”白雪”ヘビーウェイトスウェット生地 ・”鮮血”ホテルロゴ文字プリント ・★★★(三ツ星)ホテル特製ワッペン ホラー映画に造詣が深いデザイナーならではのこだわりと遊び心を反映させて、無駄のない洗練されたデザインに仕上げました。生地織り機械が壊れる限界まで(!)高密度にぎゅっと織り上げた12.4 オンスの高品質なスウェット生地は、長く着込む程にプリントが生地に馴染んでいき、スウェット生地の目はぎゅっと密接に詰まり、古き良き時代のビンテージ古着さながらの経年変化をお楽しみいただけます。現段階で可能な限りの素材と製法で製作された贅沢で遊び心溢れるアメニティグッズをお楽しみください。 商品詳細 http://www.jetl.com/2110olh1.html 【スウェット生地の解説】こだわりのスウェット生地は、JETLINK史上最高峰12.4oz(オンス)のヘビーウェイト生地を使用しました。パリっとしたドライ感のある心地良い肌触りが特徴です。長く着込んで、何度も洗い込む程に高品質なスウェット生地の目はぎゅっと密接に詰まり、古き良き時代のビンテージ古着さながらの経年変化をお楽しみいただけます。 【高精密ワッペン詳細】国産の刺繍(ししゅう)技術の限界に挑戦!スウェットシャツ袖(そで)部分にはワンポイントで、惨劇の舞台となったオーバールックホテルのカーペット柄をアレンジした、THE OVERLOOK HOTEL ★★★(三ツ星)特製ワッペンが付きます。 刺繍(ししゅう)の町と呼ばれる群馬県桐生市の老舗工場にて、国内最高クラスの刺繍技術を駆使して僅か25mmサイズの小さなワッペンを緻密に縫い上げました。刺繍糸からワッペンの土台となるフェルト生地に至るまで全てJETLINK特注品を使用しています。小さいパーツながらも日本の職人技術が誇る「メイド・イン・ジャパン」の逸品をお楽しみください。 【モデル着用例】THE OVERLOOK HOTEL HOODYの着用モデルは、シンガーソングライターの日笠マリナさん。1980年に公開されたホラー映画『シャイニング』の世界観を連想させる..."滋賀の秘境"と呼ばれる滋賀県犬上郡の「河内風穴」(かわちのふうけつ)洞窟とその周辺の山や清流で撮影を行いました。琵琶湖にそそぐ芹川の源流にある絶景スポットです。巨大地下帝国を思わせる神秘的な大空間"大広間"の情景は訪れる人々を魅了してやみません。河内風穴は今から約55万年前にできたと言われており、石灰岩質の洞窟の総延長は全国で3番目となる10,000m以上もあり、その全貌は現在も解明できておらず謎に包まれたままの姿で存在しています。「雪原の白色」と「鮮血の赤色」80年代ホラー映画の情景をイメージした鮮やかな色合いのウェアは、日常から乖離した異空間を思わせる洞窟の風景に対比すると同時に深く調和します。モデルの身長159cm、1サイズ(S)を着用しています。サイズ選びのご参考にお願いします。 Photo:Akihisa Kako Model:Marina Hikasa