映画『エイリアン』公開40周年 THE NOSTROMO CREW WORK T-SHIRTS
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

映画『エイリアン』公開40周年 THE NOSTROMO CREW WORK T-SHIRTS

¥8,250 税込

送料についてはこちら

  • S

    残り2点

  • M

  • L

    残り3点

  • XL

  • XXL

1979年に公開された巨匠リドリー・スコット監督による名作SF映画『エイリアン』の公開40周年を記念して、ALIEN×JETLINKの新作ウェア第二弾をお送りします。 Name:THE NOSTROMO CREW WORK T-SHIRTS Color:バニラホワイト生地 Print:染込スミブラック Size:S~XXL(着丈、身幅、肩幅、袖丈)  1(65cm、48cm、43cm、19cm)  2(68cm、50cm、46cm、20cm)  3(71cm、53cm、48cm、21cm)  4(74cm、55cm、51cm、22cm)  5(78cm、58cm、53cm、23cm) Material:  素材:Cotton100%/綿100%  高密編ヘビーウェイトボディ  高精密シルクスクリーンプリント  シルク製版プリント/手刷り仕上げ Bonus Parts:  袖付属:WEYLAND-YUTANI WAPPEN  /ウェイランド・ユタニ社製ワッペン TM & © 20th CENTURY Staudios 【商品解説】1979年に公開された映画『エイリアン』一作目で女優シガニー・ウィーバー演じる主人公エレン・リプリーが着ていた、あの作業服にインスパイアを受けて...惑星LV-426及び、ノストロモ号の船内作業、過酷な環境下においての堅牢な作業服を想定して、丈夫で厚手なヘビーウェイト生地を使用した胸ポケット付きワークTシャツが完成しました。 Tシャツ各部に入るロゴプリントの意匠は、映画で実際に使用されたノストロモ号航海士の制服および、階級章を研究&分析して、刺繍(ししゅう)文字の歪み部分までも忠実に再現しました。そで部分には、劇中に登場する企業「ウェイランド・ユタニ社」のロゴワッペンが付きます。 SF映画に造詣が深いデザイナーのこだわりとセンスを反映させて、既存のエイリアンを題材にしたTシャツには無かったJETLINKならではの洗練されたデザインに仕上げています。かつては映画好きの少年だった僕たち世代へ...現時点で可能な限りの贅沢を極めた大人の逸品をお楽しみください。 商品詳細 http://www.jetl.com/roki19_alien2.html 【映画の文字体を忠実に再現_01】Tシャツの背面には、映画の中でノストロモ号の航海士が着ていたジャケットと同じ文字体の「NOSTROMO」ロゴプリントが大きく入ります。映画『エイリアン』一作目で実際に使用された衣装に描かれた文字体(フォント)を寸分違わずに忠実に再現しています。 【映画の文字体を忠実に再現_02】Tシャツの胸ポケット上部には、女優シガニー・ウィーバー演じる主人公エレン・リプリー准士官の階級章プリントが入ります。左右の肩部分にはノストロモ号のロゴワッペンをJETLINKのフィルターを通して現代風にアレンジしたロゴプリントが入ります。階級章ロゴを復原する際には、20世紀フォックスの公式資料だけではなく、映画『エイリアン』で実際に使用された現存する衣装および階級章を徹底的に研究&分析して、刺繍(ししゅう)文字体の歪み部分までも忠実に再現しています。 【ウェイランド・ユタニ社製~ワッペン解説】Tシャツそで部分にはワンポイントで、映画『エイリアン』シリーズで重要な役割を担う企業「ウェイランド・ユタニ社」(一作目ではウェイラン・ユタニ社)のロゴマークをアレンジした”WEYLAND-YUTANI CORP”特製ワッペンが付きます。刺繍(ししゅう)の町と呼ばれる群馬県桐生市の老舗工場にて、国内最高クラスの刺繍技術を駆使して小さなワッペンを緻密に縫い上げました。刺繍糸からワッペンの土台となるフェルト生地に至るまで全てJETLINK特注品を使用しています。小さいパーツながらも日本の職人技術が誇る「メイド・イン・ジャパン」の逸品をお楽しみください。 【意匠に込めた想いと構想~デザイン解説】1979年に公開された映画『エイリアン』の一作目にて、ノストロモ号の航海士が船内で着用していたジャケットの両肩に縫われた印象的な「腕章ワッペン」のデザインをJETLINKで復原するにあたって...※ワッペンには、俳優ハリー・ディーン・スタントン演じるブレットの帽子に縫われたものなど複数存在しており、個体差があるため、一概にこのデザイン解釈で正解!とはいかないのですが、今作では主人公リプリーのジャケットに縫い付けられた腕章ワッペンを参考にしています。腕章ワッペンのデザイン資料に関しては、20世紀スタジオからの公式資料だけではなく、海外オークションに出品された実際の映画で使用されたプロップも参考にして、サイズも実寸105mmに合わせて、文字部分の刺繍(ししゅう)の歪みも正確に再現しました。その後JETLINKのフィルターを通して、省くべき部分は省略して現代風の洗練されたオリジナルデザインに仕上げています。 【モデル着用例】東京の代表的な繁華街の一つである錦糸町の夜景は、かつての映画『エイリアン』で描かれた世界観さながら、惑星LV-426の退廃した情景を連想させる。近年は都市開発により近代化が進む一方、光あれば隠すことの出来ない闇も同時に存在する。1970年代という時代に潜んだ闇、ギーガーのイマジネーションが生み出した闇、リプリーら航海士が心に抱えた闇、それらの闇が具現化して生まれたのが漆黒の怪物である...女性モデルは身長159cm、1サイズ(S)を着用しています。サイズ選びのご参考にお願いします。Photo:野村友彰 Model:Marina Hikasa