original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/17

ウルトラマン第1話「ウルトラ作戦第一号」より~ULTRAMAN THE BEMULAR T-SHIRTS

8,250円

送料についてはこちら

  • S

    ¥8,250

    残り3点

  • M

    ¥8,250

  • L

    ¥8,250

  • XL

    ¥8,250

  • XXL

    ¥8,250

映画『シン・ウルトラマン』劇場公開に合わせて、JETLINKからウルトラマンTシャツの展開が決定しました。第一弾に登場するウルトラ怪獣は...1966年7月17日に放送されたウルトラマン第1話「ウルトラ作戦第一号」に登場した宇宙怪獣ベムラーです。 Name:ULTRAMAN THE BEMULAR T-SHIRTS Color:ホワイト生地 Print:染込スミブラック×ブルー×レッド Size:S~XXL(着丈、身幅、肩幅、袖丈)  1(65cm、48cm、43cm、19cm)  2(68cm、50cm、46cm、20cm)  3(71cm、53cm、48cm、21cm)  4(74cm、55cm、51cm、22cm)  5(78cm、58cm、53cm、23cm) Material:  素材:Cotton100%/綿100%  高密編ヘビーウェイトボディ  高精密シルクスクリーンプリント  熟練職人による”手刷り”仕上げ Bonus Parts:  ULTRAMAN THE FIRST WAPPEN  /ハヤタ一体化前ウルトラマン特製ワッペン  カラータイマー部分:  スワロフスキー社製クリスタル仕様 ©円谷プロ 【商品解説】こだわりのプリントは、最新の機械印刷を使わずに、敢えて旧式の「シルクスクリーン製版」を用いて熟練職人が一枚一枚を手仕事(手刷り製法)で仕上げています。Tシャツ袖(そで)部分には、同作品の第一話に登場した「ハヤタ隊員と一体化前のウルトラマン」をデザインした特製ワッペンが付きます。ウルトラマンに造詣が深いデザイナーのこだわりとセンスを反映させて、既存の怪獣を題材にしたTシャツには無かったJETLINKならではの洗練されたデザインに仕上げています。かつて特撮作品に夢中な少年だった僕たち世代へ...現時点で可能な限りの贅沢を極めた大人が着れる怪獣Tシャツをお楽しみください。 商品詳細 http://www.jetl.com/2205ultra1.html 【デザイン解説】ウルトラマン”始まりの怪獣”こと宇宙怪獣ベムラーは、『ウルトラマン』第1話「ウルトラ作戦第一号」に登場したウルトラ怪獣。口から熱光線を発射する。怪しく発光する”青い球体”によって飛行し、ウルトラマン(ベムラーと同様の”赤い球体”で登場)が怪獣墓場へ護送中に逃走後、地球まで飛来して竜ヶ森の湖底に潜んでいた。宇宙怪獣ベムラーをデザインするにあたり、ウルトラ怪獣における独特な皮膚の質感(トゲやウロコ部分の硬質感、軟質感、シワ感)、 微細に左右不対称な眼球の位置、ベムラーが口に咥えた「特殊潜航艇S-16号」のダメージ加減やマーキング表現の解釈など、怪獣の着ぐるみと生物的アレンジのバランス加減を考慮しながら、撮影当時の時代背景との整合性にも配慮して描きました。またベムラー登場の舞台となった”竜ヶ森の湖”における光源の位置や水飛沫の表現方法に至るまでこだわり、ウルトラマンファンの一人として納得がいくまで徹底的に描き込んだ高精密画に仕上げています。 【高精密ワッペン解説】国産刺繍(ししゅう)技術の限界に挑戦!Tシャツそで部分には「ULTRAMAN THE FIRST 特製ワッペン」が付きます。ウルトラマン第1話「ウルトラ作戦第一号」より、”主人公ハヤタ隊員と一体化前のウルトラマン”をデザインしました。ウルトラマンの胸に青く輝くカラータイマー部分は「Swarovski/スワロフスキー社製」の純正カットクリスタルを嵌め込みました。「刺繍(ししゅう)の町」と呼ばれる群馬県桐生市の老舗工場にて、国内最高クラスの刺繍技術を駆使して僅か30mmサイズの小さなワッペンを緻密に縫い上げました。刺繍糸からワッペンの土台となるフェルト生地に至るまで全てJETLINK特注品を使用しています。小さいパーツながらも日本の職人技術が誇るメイド・イン・ジャパンの逸品をお楽しみください。 ※スワロフスキー社製カットクリスタルの販売終了に伴い、現在庫ストック分が無くなり次第、別メーカー製の同等クリスタルに切り替え予定です。ご了承をお願いいたします。 【放映当時のタイトル文字を再現】Tシャツ裾(すそ)部分には、ウルトラマン第1話オープニングに登場した「ウルトラ作戦第一号」のタイトルロゴプリントが入ります。まだCGI技術が皆無だったウルトラマン放映時1960年代、当時の職人による手描きで描かれた味わい深いタイトル文字体を高解像度の映像資料を元に解析して、フォントの”凹凸”や”ゆがみ”も放送当時の雰囲気をそのままに高精密なシルクスクリーンプリントで再現しました。

セール中のアイテム