{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/22

近未来SF映画『ロボコップ』(1987年)より、ROBOCOP -HIS NEW PARTNER- T-SHIRTS

10,450円

送料についてはこちら

  • S

    ¥10,450

    残り2点

  • M

    ¥10,450

    残り2点

  • L

    ¥10,450

  • XL

    ¥10,450

  • XXL

    ¥10,450

「マーフィ...私、死ぬんだわ...」 「大丈夫だ。生き返るさ、私のように」 映画『エイリアン』『プレデターに引き続き、1987年に公開された鬼才ポール・バーホーベン監督による近未来SF映画『ロボコップ』とJETLINKが繋がります。Tシャツのデザインになるのはおそらく世界初(?)”彼の新しいパートナー”ことナンシ-・アレン演じるアン・ルイス巡査の登場です。 【70s古着を再現したこだわりのTシャツ】 ①中空紡糸 高密編ヘビーウェイト生地 ②襟リブ部分:二本針バインダー仕様 ③袖裾の縫製:一本針天地縫い仕様 70年代のビンテージ古着を忠実に再現した リニューアル版Tシャツにもご注目ください。 映画『ロボコップ』(1987年)×JETLINK ROBOCOP -HIS NEW PARTNER- T-SHIRTS  ~彼の新しいパートナー~ Color:ホワイト生地 Print:染込スミブラックプリント  高精密シルクスクリーンプリント  熟練職人による”手刷り”仕上げ Size:S~XXL(着丈、身幅、肩幅、袖丈)  1(65cm、48cm、43cm、19cm)  2(68cm、50cm、46cm、20cm)  3(71cm、53cm、48cm、21cm)  4(74cm、55cm、51cm、22cm)  5(78cm、58cm、53cm、23cm) Material:  中空紡糸高密編ヘビーウェイト生地  襟リブ部分:二本針バインダー仕様  袖裾の縫製:一本針天地縫い仕様 Bonus Parts:  OMNI Corporation Logo Patch  オムニ社ロゴマーク特製ワッペン ROBOCOP TM & © 1987-2023 Orion Pictures Corp. 【商品解説】時代が経っても色褪せることのない80年代...僕たち大人世代があの頃に観た思い出の映画『ロボコップ』(1987年)より、大切な名場面を切り取った至極のフォトTシャツをお届けします。第一弾は、-HIS NEW PARTNER-”彼の新しいパートナー”ことナンシー・アレン演じる女性警官のアン・ルイス巡査が登場です。デトロイト市警の同僚警官に比べ小柄な女性ながらも、アレックス・マーフィ=ロボコップにも負けない不屈の警官魂と正義感を持った彼女にスポットを当てました。こだわりの高精密フォトプリントには、精密&高度なプリント表現が可能な「高精密シルクスクリーン」を用いて、写真の明部と暗部を二版にデータ分けして重ね刷りすることで、撮影当時の原写真の奥行き感や雰囲気を最大限に再現しています。最新の高精密プリント技術を使いながらも、当時のポートレートに残った白い傷や汚れは敢えてそのままに時代の香りを残しました。今作ではTシャツ本体もリニューアル&アップデートしました。①襟(えり)元のリブ部分を「二本針バインダー仕様」に変更、②袖(そで)&裾(すそ)部分の縫製は「一本針天地縫い仕様」で仕上げており、古き良き70年代のビンテージ古着を忠実に再現しています。SF映画に造詣が深いデザイナーのこだわりとセンスを反映させて、既存のロボコップを題材にしたTシャツには無かったJETLINKならではの洗練されたデザインに仕上げています。かつては映画好きの少年少女だった僕たち世代へ...現時点で可能な限りの贅沢を極めた大人の映画Tシャツをお楽しみください。 【オムニ社製ワッペン解説】Tシャツ袖(そで)部分には、映画『ロボコップ』(1987年)に登場する巨大企業「オムニ社」のロゴマークをデザインした特製ワッペンが付きます。オムニ社のロゴマークは、前作の映画『エイリアン』ウェイランド・ユタニ社と比べても謙遜のない秀逸な意匠です。『ロボコップ』シリーズ4作ごとに微妙に異なるオムニ社のロゴマークをJETLINKでReデザイン&画一化しましたので、その違いを比べてみてください。「刺繍(ししゅう)の町」と呼ばれる群馬県桐生市の老舗工場にて、国内最高クラスの刺繍技術を駆使して僅か30mmサイズの小さなワッペンを緻密に縫い上げました。刺繍糸からワッペンの土台となるフェルト生地に至るまで全てJETLINK特注品を使用しています。小さいパーツながらも日本の職人技術が誇るメイド・イン・ジャパンの逸品をお楽しみください。 【映画『ロボコップ』商品化について】映画『ロボコップ』シリーズの商品化に至るまでの道のりは、海外MGM社のライセンス取得から始まり予算面やデザイン監修の複雑な手続きなど、多くの時間と困難を伴いました。それは当該映画の関連商品が少ない理由でもあり、逆に考えれば世界的な市場から見ても貴重で珍しい商品化です。商品の契約期間=販売期間は限られますので、またと無いこの機会にぜひ映画『ロボコップ』×JETLINKのアイテムをお楽しみください。

セール中のアイテム